オールインワンの非常食ーもどし水入り 乾燥もち

非常時にも、おやつにも、な、お手軽・便利なおもちのセット

3年間の長期保存ができ、食べる時には火も水もハシも必要ない、そんなおもちのセットをご紹介。ってこれ、もっとキャッチーな覚えやすい名前があればいいと思うんですが、商品名は「いざという時に お皿・お箸・保存水もついて、この1袋で大変便利 (4つの味でおもち24枚)きなこ・いそべ・あんこ・黒みつ餅お試しセット 水にひたすだけでできたてのおもち」こと、「もどし水入り 乾燥もち」らしいです。名は体を表すとはこのことですね。

まずは結論

おもちが好きなら、まずは買ってみましょう。食べてみて自分の口に合えば、普段のおやつに、保存用に、観賞用に、と追加で買えばいいと思います。いちばんのお気に入りを非常用持ち出し袋に入れておけば、いざという時に体も心も救われます。食感はとても柔らかく、お年寄りや子供も喉に詰まらせる心配は少ないと思いますが、逆におもちらしい歯ごたえはありません。子供に食べさせる時に注意したいのは、「粉末アルコール」が含まれている点です (アルコールアレルギーの方にも影響があるのかどうか、後日調べて追記したいと思います)。ボリューム的にはおやつレベルですが、例えば余震が心配な大きな地震の後や避難時等の火が使えない状態での食料としては、非常に優秀だと思います。

買ってみる前にどんなもんか知りたい方は、以下をご覧ください。

本当に必要なものは入っている

今回は「きなこ餅」を食べてみました。中に入っているのはこんな感じ (マットは別です)。

  • おもち x 6切れ
  • 割り箸 x 1膳
  • きなこ x 2袋
  • 保存水 x 1袋
  • 乾燥剤 x 1袋 (これは捨てる)

注意点

まず作る前の注意点:風の無い場所で、テーブルやマットの上で作ること!

おもちはフリーズドライで、保存水に浸して (お水を吸わせて) おもちに戻します。フリーズドライされたものはパッサパッサに乾燥しているため、袋の中はおもちの粉が多くあり、風が吹くと簡単に飛んでいってしまいます。なので、できれば屋内で、落とした粉をすぐに片付けられる環境で作りましょう。

作り方

まずは、トレーの片側に全ての乾燥おもちを移動します。

そして空いたトレイに、保存水 (上の写真にある右側の白いパック) を半分ほど適当に注ぎます。ちなみにせっかくなので、もち粉がこぼれた様子もパシャり。

おもち同士が重ならないように、お水の中に沈めて待つこと 1分ほど。

とろっとろのおもちになっちゃった!

ラップをしたお皿におもちをあげてみます。非常時のためにラップは買い置きしておきましょう。洗い物を出さずにすみます。

みてみてー!もっちもちのプッリプリ!

なんかちょっとオシャレなんですけどー。

お味

オシャレなまま食べると水っぽさが強いので、きな粉を全体にまぶして食べるのがいいでしょう。甘みの中にしょっぱさもちゃんとあって、きな粉の味は美味です。

ただ、水に浸す時間が長かったからか、おもちの水っぽさがやや気になりました。モチっとした食感というよりは、トロッとした食感です。固いものが食べられない時にはいいかもしれません。それと、おそらく消毒や長期保存の目的で入れられているのだと思いますが、「粉末アルコール」の匂いが気になっちゃうかもしれません。

今回はお皿にラップをして食べてみましたが、非常時はおもちを外袋に一時退避させ、トレイの水を入れていない方できな粉と混ぜれば、この一袋で全て完結できます。

というわけで、このおもちセットをカバンに忍ばせ、あなたも東京サバイバ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です